先日発売された新パックで登場した新カテゴリの1つ、「水晶機巧(クリストロン)」。

シンクロ次元の住人達にとってはうれしい新たなシンクロカテゴリ、
そのうえついに登場した完全オリジナルのアクセルシンクロモンスター「水晶機巧-フェニキシオン」と
なにかとテンション上がるニューカマーだとおもいます。

もちろんシンクロキチガイの僕もそうです。


というわけで、個人的に相性がいいだろうと思うカードや、一見よさそうだけど実は罠、
というのを考えてみたいと思います。


【水晶機巧の特徴】
 まず水晶機巧の特徴として、
 チューナー、非チューナー、シンクロモンスターの3種類において
 それぞれ共通した効果を所持している
ことが挙げられます。

 ◆チューナー(シンクロチューナー含む)
  
  ☆1のクオン、☆2のシトリィ、シンクロチューナーの☆4クオンダムと、
  3体すべてが「相手ターン中にシンクロ召喚をする」効果を持っています。
  クオンとシトリィは自身の効果でシンクロ召喚を行う場合はシンクロ先こそ機械族に限定されますが
  シンクロ素材は自由に選べます
  クオンでクリッターやダンディライオンを特殊召喚し、そのままシンクロ素材とすれば
  一度フィールドを経由しているためそれらの効果を使用することができるのは
  覚えておいたほうがいい利点だとおもいます。

 ◆非チューナー
  
  現在4体の非チューナーがいますが、その4体すべてが共通して
  ①自分フィールドの表側表示カードを破壊して、水晶機巧チューナーをデッキから特殊召喚する起動効果
  ②墓地にいる時、自身を除外して発動する固有効果
  の2種類の効果を持っています。
  ローズニクスは☆1の水晶機巧トークンの特殊召喚、シストバーンは水晶機巧モンスターのサーチ、
  スモーガーは水晶機巧の魔法罠サーチ、プラシレータは手札の水晶機巧の特殊召喚を
  それぞれ固有効果として持っています。①の効果は完全に共通です。
  ここで注意したいのは、相手フィールドに影響を及ぼす効果が無いこと!
  すべて内向きの効果なので、墓地で効果を発動させるモンスターがたくさん眠っているとはいえ
  これだけで逆転はかなり難しいとおもいます。

 ◆シンクロモンスター(シンクロチューナー除く)
  
  シンクロモンスター達も、シンクロチューナーであるクオンダムを除いて
  ①シンクロ召喚に成功したときに発動する誘発即時効果
  ②シンクロ召喚された自身が戦闘・効果で破壊された場合墓地のモンスター1体を特殊召喚(条件つき)
  の2つの効果を共通して持っています。
  アメトリクスの蘇生は「シンクロモンスター以外のクリストロン」、フェニキシオンは「自分以外ならなんでも」
  となっています。これにより後続を途切れさせにくい展開をすることができます。
  フェニキシオンの①効果は特に強力で、相手のフィールド・墓地の魔法罠を全て除外するという
  破格の効果を持っています。《スターライト・ロード》などに阻害されず、アーティファクトも問答無用、
  相手が【魔導】であれば、墓地に魔導書がたまったところにこの効果を決めればほぼゲームエンド級の
  損害を与えられること請け合い、というとにかくえらく強力です。その分戦力はレベル9としては控えめ。

 魔法罠に関しては解説の余地がないぐらいわかりやすい効果なのでスルー。
 とまぁ、水晶機巧は全体的にカテゴリ間のシナジーは強いが相手フィールドに影響を与えにくい
 というのが特徴だと思います。
 《スキルドレイン》発生中は完全に攻め手を封殺されることになるので、
 《サイクロン》のようなカードは必須だと思います。


【相性がいいと思うカテゴリ】
 ◆「竜星」
  一見すると、竜星モンスターを水晶機巧非チューナーの効果で破壊しても竜星モンスターの効果は
  タイミングを逃す(破壊の次にチューナーの特殊召喚が挟まる)ので相性がよくなさそうに見えます。
  が、水晶機巧は全体的にシンクロモンスター以外の場持ちが悪いため、
  竜星に戦線維持を任せることで水晶機巧の性能を十全に発揮させるのが狙いとなります
  また、竜星のキーカード《竜星の具象化》はタイミングを逃さないので、
  水晶機巧非チューナーの①効果を発動させることで、水晶機巧チューナーと竜星モンスターを
  同時にフィールドに並べることが可能となります。
  採用するモンスターはシンクロモンスターのレベル帯に応じて調整すればいいと思いますが、
  竜星のチューナーは不要で非チューナーを多めに、水晶機巧はスモーガーやプラシレータは不要、
  チューナーとローズニクス&シストバーンでいいと思います。

 ◆「TG」
  僕はこれを採用しました。モンスターの特殊召喚が得意で、破壊時に効果を発動するTGは
  展開力の乏しい水晶機巧と非常に相性がいいと思います。
  水晶機巧チューナーの特殊召喚に呼応してワーウルフを特殊召喚することで、
  水晶機巧シンクロモンスターのレベル4~5を満たすので一気にアクセルシンクロも夢じゃない。
  当然の権利のようにTGハイパーライブラリアンを投入できますし、TGワンダーマジシャンによる
  魔法罠の破壊なんかも視野に入れられて、非常にシンクロ召喚との相性のいいデッキになります
  採用するモンスターは水晶機巧モンスター群を中心に、TGをストライカー・ワーウルフ・ラッシュライノから
  それぞれ吟味して投入するといいとおもいます。ワーウルフは3枚確定かと。

 ◆「シンクロン」
  シンクロデッキなら当然視野に入るシンクロンとの共闘。
  相手ターン中のシンクロ召喚に長けていることから、《スターライト・ジャンクション》の
  第2の効果も活用できます。クイックシンクロンで捨てれば水晶機巧非チューナーの墓地発動効果を
  すぐに使うことができるので、ローズニクスを使えばすぐに☆6の、
  シストバーンから水晶機巧をサーチし通常召喚することで7と8のウォリアーをシンクロ召喚できます。
  ジャンクドッペル的な挙動も容易なので、とにかく相性はいいでしょう。
  僕はあまりにも普段ジャンド使うので採用しませんでした。。。


てな感じです。
水晶機巧は強くはないけど大変面白いカテゴリなので、
楽しんでプレイしたい人には向くんじゃないでしょうか。

皆一緒にシンクロ召喚しようぜ!