フィール最終巻読んだんだけど、なんつうか、ゴドウィンとの決着の仕方が
ほとんどZ-ONEとの決着の仕方と変わらなくて、オマージュというよりは単に漫画版のカードで
同じことやったって感じがする。

仲間のドラゴン全員でシンクロ召喚して最終形態ドラゴンが出てきて、
そいつが撃破された後で超強力なカードで墓地にいる仲間のドラゴンを使って
敵の最終形態の攻撃力を下げて、仲間たちの数だけスターダストが強化されてオラァ!という
まったく同じ流れだもんなぁ。漫画版はその後さらに一幕あったけど、単に追加攻撃しただけだし・・・

スターダストシフルをどう使うのか楽しみにしてただけに、正直残念な感じだった。
「集いし光」とか殆ど永続魔法になった「集いし願い」だもんなぁ・・・

あとねー、いちいち攻撃技名とかそこらへんが色々ダサいんだよw
ダサかっこいい面もあるんだけどさw
スターダストが皆の力で強化されての攻撃も、アニメのシューティングソニィィィク!みたいな感じで
よかったとおもうんだよなー。結束のうんたらとか名前替えちゃったせいでチープ感がちょっと。。。

特別編は結構盛り上がって楽しかった。
レッドデーモンの進化形態3種とか、スターダストモンスター達とか。
個人的にはアクセルシンクロするカードは「クリア・マインド」にしてほしかったかなw
あと「バーニング・ソウル」で墓地のカード1枚を手札に加えるはなんかアレだなぁw
どうせならバーニングソウルで墓地の2体のチューナーを蘇生して、
そのままダブルチューニングするとかのほうが熱かったんじゃ・・・
わざわざバトルチューニング使う必要あったんですかね。。。


んで付属してきた「真閃珖竜スターダスト・クロニクル」ですが。


ダサカッコいいのはこのさいおいといて。
個人的に竜星と大変相性がよさそうだ、と思い流星に閃珖竜スターダストと共に投入されました。
墓地のシンクロモンスターを除外する事でそのターン「効果を受けない」っていう強力無比な
耐性はかなりイカしてるね。閃珖竜と並べれば戦闘破壊にも対応できるし。
被破壊時に除外されたドラゴン族シンクロモンスターを復帰させる効果も、
竜星は幻竜族と一緒にドラゴン族も沢山使うし、シンクロチューナーにはフォノンドラゴンを使う予定なので
最悪フォノンドラゴンを蘇生出来るし。あ、フォーミュラも居るよ。
トリシューラも効果使ってバニラ状態になった後、
レベル1にしたフォノンドラゴンで素材に出来るし面白いね!



シューティング・クェーサー・ドラゴンと聖珖神竜スターダスト・シフル、
シューティング・スター・ドラゴンと真閃珖竜スターダスト・クロニクルが
それぞれ対応してる感じだけど、どっちもアニメ側は攻撃に、フィール側は防御に優れてる感じね。

クェーサーはなんでも無効にできて超融合で墓地に送られたりしない限りは
確定でシューティングスターを追加召喚出来て、なおかつ2連続攻撃以上出来るわけやろ。
シフルは自分以外のモンスターも守れて、効果モンスターを無効にして+1枚破壊できる。
撃破された後は墓地から除外する事でスターダストを蘇生出来ると。
火力や万能感はクェーサーのほうが優れてるけど、シフルもクェーサーには出来ないことできるしいいね。

シューティングスターは最大5連続攻撃、妨害されない限りは戦闘破壊はほぼ間違いなくされない、
1回だけ破壊耐性持ち。
クロニクルは攻撃力は流星より300低いし戦闘には弱いけど「カード効果を受けない」っていう
最高の耐性があるし、シューティングスターには無い被破壊時の後続召喚効果があると。
出しておけば暫く耐えてくれそうなのはクロニクルね。火力で押したいときは流星やな。


しかしこれでフィール5D'sも終わっちゃったから、もうこれで5D'sっぽいカッコいい
シンクロドラゴンはもう出ないかなぁ。ARC-Vでジャックとかが出てきてるらしいしワンチャンあるかのう。
なんかクロウはアサルトブラックフェザーとかいう不穏なカード使ってるらしいが・・・w